サービス

プライベートエクイティ・投資先企業支援サービス

デロイト トーマツ グループは、案件発掘、投資実行(バリューアップ含)、投資回収まで、ファンドの各投資フェーズに合わせ、各分野のプロフェッショナルが集結し、様々なインダストリー・二―ズに特化した統合ソリューションをご提供します。

プライベートエクイティとは

プライベートエクイティ(以下「PE」)とは、未公開株式のことで、株式の未公開会社(または事業)に関する投資全てを含む概念を指します。取引所で売買される公開株と異なり、未公開企業の資金調達を目的に私募形式で発行された株式、転換社債型新株予約権付社債、新株引受権付社債等がこれに当たります。
そして、プライベートエクイティに投資するファンドのことをプライベートエクイティファンド(以下「PEファンド」)と呼びます。
複数の機関投資家や個人投資家から集めた資金を基に事業会社や金融機関の未公開株を取得し、同時にその企業の経営に深く関与して「企業価値を高めた後に売却」することで高いIRR(内部収益率)を獲得することを目的とした投資ファンドです。PEファンド、MBOファンド、買収ファンド、企業再生ファンド、ベンチャーキャピタル、ターンアラウンド・ファンド (Turnaround Fund) などと呼ばれているものが該当し、それらの総称としても使われています。

 

ソーシングからExitまでの統合サービス

ファンドの各投資フェーズに合わせ、各分野のプロフェッショナルが集結し、統合ソリューションをご提供します。

案件発掘からExitによるリターン獲得までをサポート

私たちデロイト トーマツは、様々なインダストリーに特化した専門的なサービスを提供しています。例えば、ここ数年、変化の激しいプライベートエクイティの分野においても、様々な新しいサービスを提供することで、専門ニーズにお応えしています。
近年のドライパウダー(PEファンドの投資待機資金)の増加による案件発掘の競争激化に対して、デロイト トーマツのネットワークによるソーシング支援や、従前からサポートしている財務・税務デューデリジェンスなどのトランザクションサービスに加え、アドバイザリーやビジネスデューデリジェンス、買収後には投資先モニタリングやバリューアップのサポートも可能です。

 

各投資フェーズとニーズの概念図

デロイト トーマツでは、各フェーズにおける様々な二―ズにお応えします。
 

各投資フェーズとニーズの概念図
※クリックで拡大表示します。

各投資フェーズと多彩なソリューションメニュー

デロイト トーマツでは、各フェーズにおいて様々なサービスメニューを用意しており、どのフェーズにおいても対象会社の企業価値向上のお手伝いが可能です。
 

各投資フェーズと多彩なソリューションメニュー
※クリックで拡大表示します。

関連アーティクル

Industry Eye

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について解説する連載記事「Industry Eye」において、プライベート エクイティに関する記事を紹介しています。

プロフェッショナル

永松 博幸/Hiroyuki Nagamatsu

永松 博幸/Hiroyuki Nagamatsu

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー マネージングディレクター

インベストメントマネジメントリード 1996年に都市銀行入行。その後会計事務所へ転じ、大手外資系投資銀行の投資銀行本部を経て2012年10月よりデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社へ参画。財務アドバイザリー業務、財務デューデリジェンス、取引ストラクチャー構築、アドバイザリー業務等の幅広い業務領域を担当可能。 主な著書: 『親族外事業承継の考え方・進め方』(清文社)、 『続・事... さらに見る