サービス

地方公営企業の経営改革~Step2:経営計画策定・運用

公営企業の経営戦略・経営ビジョン策定、アセット・ストックマネジメントの実施について

地方公営企業においては持続可能な経営のため経営計画の策定が必要とされています。有限責任監査法人トーマツでは、地方公営企業の経営計画策定に資する支援として、経営戦略・経営ビジョン策定、アセット・ストックマネジメント実施支援等のサービスを紹介します。

1. 地方公営企業の経営改革4つのStep

有限責任監査法人トーマツ(以下、「トーマツ」)では、地方公営企業が抱える様々な経営課題を解決するため、経営改革を以下の4つのStepに分類し、各公営企業の課題に対応したサービスを提供しています。今回は「Step2: 経営計画策定・運用」に関するサービスを紹介します。

2. 「Step2 経営計画策定・運用」におけるトーマツのサービス内容

地方公営企業においては、人口減少や節水型機器の普及に伴う料金収入の減少に加え、多くの事業では保有する施設設備・管路等の老朽化に伴う大量更新時代が到来し、今後投資支出の増大が見込まれ、公営企業の経営環境は悪化することが懸念されます。

このような将来予測下で、現状の経営を的確に把握し、事業を持続可能なものとすべく、中長期的な経営の基本計画である「経営戦略」の策定および見直しが必要となっています。

 

【関連サイト】

 

(1)経営戦略・経営ビジョン策定

経営の現状分析に加え、収支計画の検討、経営改善の方針検討等を支援します。さらに、経営戦略の審議会運営支援や広報・リーフレット・冊子等の住民・利用者向けコミュニケーション資料の作成も行っています。
 
また、経営ビジョンに経営戦略の要素を加え、特に財務面から持続可能な事業となっているかどうかを重視した経営ビジョン策定を支援します。

 

【経営戦略策定支援の全体像】

※クリックして拡大

 

【経営戦略策定に関するサービス内容】

※クリックして拡大

 

(2)アセット・ストックマネジメントの実施

資産の現状を把握し、資産の重要度・健全度を考慮しながら更新投資の優先順位付けを支援します。

 

【アセット・ストックマネジメント業務の流れ(水道事業の例)】

※クリックして拡大

 

【アセット・ストックマネジメントに関するサービス内容】

※クリックして拡大

【地方公営企業の経営改革の4つのStep】

地方公営企業法の適用(法適化)、会計事務の改善、経営分析に関する支援について

プロフェッショナル

香田 浩一/Hirokazu Koda

香田 浩一/Hirokazu Koda

有限責任監査法人トーマツ パートナー

国、地方自治体、国公私立大学等の公的機関に対する会計監査及びパブリックセクターに関する各種コンサルティングサービスに従事。総務省公営企業経営アドバイザーのほか、多くの地方自治体の委員等を務める。 主な著書:『新地方公営企業会計の実務』(ぎょうせい)等... さらに見る

小室 将雄/Masao Komuro

小室 将雄/Masao Komuro

有限責任監査法人トーマツ パートナー

地方公共団体における各種コンサルティング業務(地方公営企業の経営戦略策定、地方公営企業会計の適用、上下水道料金の見直し、広域化・共同化検討支援のほか、地方公会計改革推進支援、地方創生推進支援、総合計画策定支援、行政評価推進支援、公共施設マネジメント推進支援、行財政改革大綱等策定支援、補助金制度見直し支援など)に携わる。 総務省「人口減少社会等における持続可能な公営企業制度のあり方に関する研究会」、... さらに見る