ナレッジ

東南アジアにおけるリスクアドバイザリーに関するトピックス

アジアパシフィック地域でのリスクや不正に関する最新情報

アジアパシフィック地域のプロフェッショナルが執筆・監修したナレッジ資料やニュースレターを公開しています。

ナレッジ/ニュースレター

コロナ禍におけるマレーシアの状況と留意すべきリスク

読者の皆様は過去にマレーシアに訪れたことがあるであろうか。日本人のロングステイ希望国トップはマレーシアだという(「ロングステイ財団調べ『ロングステイ希望国・地域2019』」)。それも、ハワイ、タイ、オーストラリアといった人気国をおさえての14年連続の1位である。

マレーシアの圧倒的人気を支える要因は何かという視点でマレーシアの特徴に言及しつつ、コロナ禍の真っ只中に赴任した筆者が、現在のコロナ禍におけるマレーシアの状況と特に留意すべきリスクについてご紹介したい。

→続きを読む

 

タイにおける「変化への対応の早さ」がもたらすリスク

大気汚染、高齢・少子化、洪水などタイを取り巻くリスクは深刻化の度合いを増しているように感じる。筆者は、駐在4年が過ぎ、様々な「タイで起こりそうなこと」を経験してきた。その経験を通じて言えることは、「異常なまでの変化の早さ」である。

→続きを読む

 

インドネシア・ミャンマーにおけるリスクマネジメントの課題感に関する調査

インドネシア・ミャンマーにおけるリスクマネジメントに関するセミナー後に実施されたアンケートの結果を公開しています。現在の課題として、業務プロセスの見直し・サイバーセキュリティの強化・人事制度の見直しの必要性を感じている企業が多いことがわかっています。

→続きを読む(PDFダウンロード)

 

アジア進出日系企業におけるリスクマネジメントおよび不正の実態調査2020年版

デロイト トーマツ グループは、日本の上場企業を対象とした「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」2020年版、ならびにアジアの日系企業を対象とした「アジア進出日系企業におけるリスクマネジメントおよび不正の実態調査」2020年版について、調査結果を発表します。

→続きを読む

 

アジア進出日系企業におけるリスクマネジメントおよび不正の実態調査2019年版

2018年11月に、有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部がアジア地域(インドネシア、シンガポール、タイ、 マレーシア、フィリピン、中国及びインド)に進出されている日本企業の子会社に対し各地域にあるDeloitteのRisk AdviosryおよびJapanese Services Group (JSG)の協力を得て調査を実施し、有効回答数は413件となりました。(2019年2月発行)

→続きを読む(PDFダウンロード)

 

Japan Risk Advisory Asia Pacific Newsletter 第九回 AP地域におけるCOVID-19の影響と日系企業の取組状況(SEA/ 中国/ インド編)

当ニュースレターでは、これまでの経営環境における経営管理・リスク管理の動向を踏まえつつ、COVID-19によって新たに生じた不確実性やこれまでのリスク環境の変化に対して、With COVID/ Post COVIDとして取り組むべき主要テーマを紹介いたします。本稿が皆様にとって有用な情報提供となれば幸いに存じます。(2020年6月発行)

→続きを読む(PDFダウンロード)

 

インドネシア従業員不正事例 「幽霊社員への給与支払」

本稿では、人事業務における従業員不正の典型的なケースではあるものの、被害が後を絶たない「幽霊社員への給与支払」という事案について、在インドネシア日系企業での被害事例・発生防止策を紹介します。

→続きを読む(PDFダウンロード)

 

新型コロナウィルスがビジネスに与えるインパクトと対応 「リモートワークを進める上でのセキュリティ強化のポイント」

インドネシアにおいても新型コロナウィルスの感染が拡大し、事業継続に影響を与える事態となり、在インドネシア日系企業でも緊急事態への対応を余儀なくされています。本稿では、リモートワークの導入・長期化を見据えた際のセキュリティ上の課題と対応策を解説します。

→続きを読む(PDFダウンロード)

 

Japan Risk Advisory Asia Pacific Newsletter 第七回 アジアのリスク環境と日系企業の取組状況(マレーシア/ 中国華北/ インドムンバイ編)

デジタルでは管理しきれないその国固有の規制や当局対応や、各国・地域の社会性(文化や習慣、人の労働に対する価値観・働き方のスタイル等)については引き続き現場実態を踏まえてきめ細かな管理が必要であり、このバランスがアジアパシフィック地域の経営のかじ取りを難しくしているように感じています。今回のニュースレターでもそのような国・地域の特性をお届けできれば幸いに存じます。(2019年11月発行)

→続きを読む(PDFダウンロード)

 

Japan Risk Advisory Asia Pacific Newsletter 第六回 アジアのリスク環境と日系企業の取組状況(インドネシア/ 中国華東/ インドデリーNCR編)

本ニュースレターではこれまでサイバーリスク、クライシス並びに不正リスクといったテーマに沿って東南アジア(SEA)、中国、インドにおける日系企業のリスク管理の取組を紹介して参りましたが、今回から数回にわたりSEA、中国、インドについて各国または各国内の地域性を踏まえたリスク環境と日系企業の取組を紹介していきます。初回はSEAよりインドネシア、中国より華東地区、インドからはデリーNCR地区を取り上げます。(2019年7月発行)

→続きを読む(PDFダウンロード)

 

リスクアドバイザリー アジアパシフィック ネットワークのご紹介(日系企業サービスグループ)

有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部がアジア地域(インドネシア、シンガポール、アジアパシフィックでの取り組み・サービス提供体制について、PDF資料で公開しております。

→続きを読む(PDFダウンロード)

ソリューション

アジアパシフィック地域でのリスクアドバイザリーサービス

アジアパシフィック領域でのリスクアドバイザリーに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスまでご連絡ください。

ap_risk@tohmatsu.co.jp

お役に立ちましたか?