サービス

情報漏洩対応チーム(CSIRT総合支援)

近年増加傾向にある情報漏洩事案に、複数分野の専門家がワンストップで支援します


昨今、急速なリモートワークの普及やIOT化等が進む一方で、不十分なセキュリティ対策に起因してサイバー攻撃を受け、情報漏洩の被害に遭う企業が増えています。
ひとたび情報漏洩が起きてしまうと、漏洩情報の把握・原因調査、対外発表・各種ステークホルダー対応、法令関係(個人情報保護法等)など、各分野の専門家の関与が不可欠となります。特に、管理体制の脆弱な海外子会社が標的となることも多く、グローバルな対応力が要求されます。
デロイト トーマツでは、これらのニーズ全てに対応可能な支援体制を整備しています。
 

近年、増加傾向にある多彩なサイバーインシデント

不祥事が発生した際に企業に求められること
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

サイバー攻撃の手法は年々複雑化しています。対策が不十分な取引先や海外拠点をまず狙い、そこから企業ネットワークに侵入するといった高度な、また強い悪意を持ったサイバー攻撃。ネットワークに侵入した後にファイルを暗号化するだけではなく、あらかじめデータを盗み出して「支払わない場合は情報をリークするぞ」と恐喝する、二重恐喝型ランサムウェア。これらに対応するために、講じなければならないセキュリティ施策は多岐にわたります。

そして、情報尾漏洩を伴うような大きなサイバーインシデントにおいては、対応に必要となる専門性、スキル、マンパワーなどの観点から、会社内部のリソースのみで対応することは極めて困難です。

 

事案の性質に応じた支援例

インシデント発生時のサポート事例
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

デロイト トーマツの情報漏洩対応チームは、サイバー、法務、フォレンジック、危機管理といった複数の分野で深い経験を持つ専門家集団です。同一グループ内に所属することから迅速かつ綿密な連携が可能であり、情報漏洩を伴うサイバーインシデントにおけるあらゆるステージで、必要な時に必要な支援を提供することができます。目まぐるしく状況の変わる危機的状況において、企業をあらゆる側面から支援できるアドバイザーとして、事案を鎮静化へと導きます。

 

専門家で構成されたワンストップ支援

リスクの早期発見から危機対応力の向上まで危機対応の経験豊富な専門家が、有事の備えをご支援します。
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

情報漏洩対策チームのPDFダウンロード

本サービスを紹介したブロウシュアはこちらよりダウンロードできます。

[PDF, 955KB]