ナレッジ

FTA・EPA活用のメリット

通商課題解決支援サービス「Trade Compass®」~米TPP離脱・NAFTA再交渉、Brexitなど通商課題を踏まえた企業の中長期投資の精度向上を支援~

国際競争力を求められている企業にとってFTA・EPAの活用は 事業全体に大きな影響を与える大きなテーマとして、『中長期で戦略的に対応していく必要がある経営課題』と捉えることが必要です。【5日間無料トライアル実施中】

Trade Compass® について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

Trade Compass®の概要

Trade Compassの仕様

Trade Compass®関連サービス

FTA・EPA活用の重要性

関税が及ぼすビジネス上のインパクトは甚大

関税とは輸出入の度に発生する品目毎の輸入課税を指し、ビジネス上無視できないほど大きなコストインパクトをもたらします(右図参照)。例えば税引前利益が輸入価格(例:CIF条件下での取引価格)の10倍差がある場合、関税率3%のキャッシュインパクトは法人税30%に匹敵します。

そのインパクトは、自社で綿密なマーケティング、秒単位のオペレーション改善の努力によって生み出された利益を簡単に吹き飛ばすほど影響が大きいものと言えます。

だからこそFTA・EPAなど国際通商ルールは戦略的に活用する必要があります。

重層化・複雑化する世界のFTA・EPA

税率が異なるFTAが複数存在

近年、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)など、経済規模・人口・参加国数のいずれにおいても巨大な多国間での自由貿易協定(FTA)、経済連携協定(EPA) 締結に向けて交渉が進んでおり、これまでの協定に加えると、世界の経済連携はますます重層化・複雑化していきます。

これらの協定は関税の削減・撤廃を品目毎に規定しており、ビジネスに大きなインパクトを与えます。

締結済・交渉中の主な経済連携(FTA・EPA)

FTA・EPA活用の障壁

FTA活用の為に協定文を読解するには高い専門性が必要

海外に複数の拠点・顧客を持ち、輸出入国の複雑な組み合わせが存在するグローバル企業が、原産地規則(※1)を踏まえ、どのFTAが活用可能なのか、将来税率を考慮して、どの取引の組み合わせが最適なのかを十分に比較・検討するツールがこれまでありませんでした。一方、各国で締結した協定文を読解するには高い専門性が必要なため、迅速に担当要員を確保するのは容易ではありません。

Trade Compass®は難解な協定文を読解する事なく、簡単かつ迅速に最適なFTAを検討する事が可能です。

※1:貨物の原産地(=物品の「国籍」)を決定するためのルール

Trade Compass® 無料トライアル

無料トライアルTrade Compass® 仕様
  • 対象国:日本、インドネシア、中国
  • 対象FTA・EPA:日本-インドネシアEPA・ASEAN-中国FTA
  • 対象品目:84類、86類、87類
  • 対象期間:2016年~2026年
  • ご利用期間:5日間

無料トライアルはこちら

Trade Compass について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

Trade Compass®の概要

Trade Compassの仕様

Trade Compass®関連サービス

お役に立ちましたか?