ナレッジ

Trade Compass®の仕様

通商課題解決支援サービス「Trade Compass®」~米TPP離脱・NAFTA再交渉、Brexitなど通商課題を踏まえた企業の中長期投資の精度向上を支援~

デロイト トーマツ グループの通商課題解決支援Webサービス「Trade Compass®」の機能と利用特典サービスについてご紹介します。【5日間無料トライアル実施中】

Trade Compass® について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

Trade Compass®の概要

FTA・EPA活用のメリット

Trade Compass®関連サービス

Trade Compass®の以下主要機能のご紹介

  • 関税率検索
    FTA協定・輸出入品目別の関税率を将来(最大10年先)まで把握し、原産地規則も確認可能
  • 関税削減額効果試算
    企業の自社サプライチェーン情報(輸出入国・品目・取引規模)に基づくFTA活用可能性と関税コスト削減ポテンシャルをシミュレーション
  • サプライチェーンコスト分析
    為替変動と将来関税を考慮してサプライチェーン別の調達コストを同時比較 

関税リスクサービス

関税エキスパートがオンラインでサポートします。
契約企業様あたり月1回1時間無料で相談いただけます。関税率や原産地規則等、本サービスを通じて取得できる情報を解説 調査対象製品に適用されるHSコードをアドバイスします。

税理士法人による関税カウンセリングサービス(Trade Compass®利用特典)のご紹介

Trade Compass®仕様

  • 対象国:日本、ASEAN10カ国、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、メキシコ、スイス、EU
  • 対象FTA・EPA:対象国間で締結された発効済みFTA・EPA
  • 対象品目:全HSコード(約10,000品目)
  • 対象期間:2016年~2026年

※対象国順次拡大予定
※対象国内新規FTA・EPAは協定内容が明らかになり次第順次追加予定
※各国関税率表・世界税関機関が改正するHSコードは適宜対応予定

※ Trade Compass®のWebツールはDeloitte Digitalが提供しています。

〔PDF, 12MB〕

Trade Compass® 無料トライアル

無料トライアルTrade Compass® 仕様
  • 対象国:日本、インドネシア、中国
  • 対象FTA・EPA:日本-インドネシアEPA・ASEAN-中国FTA
  • 対象品目:84類、86類、87類
  • 対象期間:2016年~2026年
  • ご利用期間:5日間

無料トライアルはこちら

Trade Compass® について、詳しくは以下のメニューからお進みください

Trade Compass®の概要

FTA・EPA活用のメリット

Trade Compass®関連サービス

お役に立ちましたか?