グループ案内

Diversity & Inclusion各種認定・アワード

デロイト トーマツ グループでは、Diversity & Inclusion(D&I)の取り組みに対し、各種認定を受けています。グローバルにおいては、デロイトはD&Iを世界的に広める先駆けとして、Inclusiveな職場環境を提供するだけでなく、私たちを取り巻く社会をより良いものにするために、模範を示しています。

Diversity & Inclusionに関する各種認定

デロイト トーマツ グループではD&Iの取り組みに対して、各種認定を受けています。

えるぼし

女性の活躍推進に関する状況が優良な企業として、主要法人が厚生労働大臣より認定を受けています

■最高位3段階目
  • 有限責任監査法人トーマツ
  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
  • デロイト トーマツ税理士法人
  • デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社
■2段階目
  • デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社

えるぼし3段階目のマーク
えるぼし2段階目のマーク

くるみん

有限責任監査法人トーマツとデロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けています。

■☆☆

  • 有限責任監査法人トーマツ

プラチナくるみん

  • デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

プラチナくるみんのマーク

デロイトが受賞した各種アワード

2020年

PRIDE指標で最高位の「ゴールド」を獲得

PRIDE指標において、3年連続で最高位のゴールドを受賞しました!(PRIDE指標:任意団体work with Pride策定による 、職場におけるLGBTなどのセクシュアルマイノリティへの取り組みの評価指標)

Diversity & Inclusionを重要な経営戦略と位置づけているデロイト トーマツ グループでは、LGBTをはじめとした様々な施策を行っています。

■デロイト トーマツ グループのLGBTに関する取り組みはこちら
■D-NNOVATIONブログ「LGBTという言葉がなくなる日をめざして」はこちら
■ニュースリリースはこちら

 

デロイト オーストラリアが2020 Catalyst Awardを受賞

女性活躍を推進する世界的な非営利団体であるCatalystが選出するCatalyst Awardアワード2020にデロイト オーストラリアが選ばれました。このアワードはジェンダー平等をリードする企業が選出され、デロイト オーストラリアは、働く環境、多様性のある文化、女性のキャリア形成をサポートするプログラムが評価されました。詳細はこちら

 

2019年

PRIDE指標で最高位の「ゴールド」を獲得

任意団体「work with Pride(以下、wwP)」が策定した「PRIDE指標」(職場におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティへの取組みの評価指標)において、昨年に引き続き2年連続で最高位の「ゴールド」を獲得しました。

表彰式には、グループCEO永田 高士、グループCHRO仲村 薫、グループD&Iリーダー原 夏代が出席し、永田CEOは「I’m CEO and CAO (Chief Ally Officer) !」と、力強く宣言しました。

 

【PRIDE指標について】
wwPが目指す「企業等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現する」を目的に策定された指標で、本指標に対する企業等の取り組み内容を募集、表彰する取り組みです。
「PRIDE指標」は以下の5指標から構成されており、今回デロイト トーマツ グループは5つすべての要件に合致していると評価されゴールド獲得となりました。
1. Policy( 行動宣言)
2. Representation( 当事者コミュニティー)
3. Inspiration( 啓発活動)
4. Development( 人事制度・プログラム)
5. Engagement/Empowerment:(社会貢献・渉外活動)

Workplace Pride Global Benchmark2019でトップスコアを獲得

Deloitte GlobeとしてエントリーしたWorkplace Pride Global Benchmark2019(オランダを拠点に活動する非営利団体Workplace Prideが策定する、職場におけるLGBTなどのセクシュアル・マイノリティへの取組みにおける評価指標)でトップスコアを獲得しました。以下の日本の取り組みについて、特にGlobalでも高く評価されました。

  • LGBT基礎研修や相談対応者向け研修の実施
  • LGBTメンバーのインタビューやCEOのメッセージ等で構成されデロイト トーマツ グループのInclusiveな職場環境づくりへの取り組みを社内外に広く語りかけるLGBTブロウシュア

詳細はこちら

 

2019 J-winダイバーシティ・アワードInclusiveな風土の醸成を高く評価され企業賞と個人賞のダブル受賞


デロイト トーマツ グループは、女性活躍を推進する先進企業を表彰する「2019 J-winダイバーシティ・アワード」において企業部門の「ベーシックアチーブメント大賞」を受賞しました。また、個人部門ではグループD&I担当パートナー(当時)の林 敬子が「リーダー・アワード」を受賞、企業賞及び個人賞のダブル受賞となりました。このアワードは、NPO法人 J-win(ジャパン・ウィメンズ・イノベイティブ・ネットワーク)が2008年から毎年実施しているもので、今回、プロフェッショナルファームの中でもグループとしては初めての大賞受賞となりました。
詳細はこちら
 

お役に立ちましたか?