ナレッジ

トム・ダベンポートのご紹介

データを活用した経営の世界的第一人者

Thomas H. Davenport(トム・H・ダベンポート)は、デロイトアナリティクスのシニアアドバイザーであり、データを活用した経営のThought Leaderと呼べる世界的第一人者です。

Thomas H. Davenport

トム・H・ダベンポートは、企業経営におけるデータ活用の在り方について、戦略論・組織論含めて経営的な視点でメッセージを発信し、今日のビッグデータ市場を牽引してきました。著書「分析力を武器とする企業」はハーバードビジネスレビューにおいて、過去10年間で最も重要な12冊の経営書に挙げられています。

現在バブソン大学教授であるトムは、これまでハーバードビジネススクールやシカゴ大学などで教鞭を執り、2012年のBest Business School Professorsに選ばれました。さらに、これまで数百の企業に経営のアドバイスを提供しており、過去には世界の最も著名なコンサルタント25名に選ばれています。

シニアアドバイザーとして就任した2010年以降、トムのデロイトアナリティクスでの活動はサービス開発やクライアント開拓、調査活動や業界提言など多岐にわたります。

トム・ダベンポート X デロイト トーマツ

2014年4月23日、トム・ダベンポートとデロイト アナリティクス日本統括責任者 矢部 誠、Deloitte Digital 日本統括責任者 石﨑 雅之の3者が、日本企業は激化するグローバル競争を勝ち抜くために、「アナリティクス3.0」時代の変化をどのように捉えて何をするべきか語り合いました。

 

>> 【特別鼎談】「日本企業が世界で勝つためにやるべきこと」ページへ

Analytics Trends 2015

データ品質の追究Analytics Trends 2015では、今年注目すべき8つのアナリティクストレンドに焦点をあてて、ご紹介します。

  • SUPERTRENDデータセキュリティ
  • アナリティクス・オブ・シングス
  • データ・マネタイゼーション
  • バイオニックブレイン
  • オープンソース
  • 税務アナリティクス
  • 大学の役割
  • データ品質の追究
>> 詳しくはこちらから

Analytics Trends 2014

テクノロジーやツールが急速に発展する中で、アナリティクスの変化に追いつくことは困難です。こうした背景を踏まえ、以下のようなアナリティクスの最新動向や課題に対する検討を行いました。

 

  • データサイエンティスト不足は顕在化するのか?
  • 機械学習は知的活動の代替となるのか?
  • Chief Analytics Officerは必要か?

 

>> 詳しくはこちらから

グローバル アナリティクスサーベイ

この調査は、業界を代表する企業における現在のアナリティクスの対応状況、そして今後の動向への理解を深めるため実施されました。

本調査は100社以上の調査回答結果に加え、米国、カナダ、中国、英国の企業35社のシニアエグゼクティブに対するより「核心に踏み込んだ」インタビューによって実施されています。

貴社の現在のアナリティクスに関する成熟度を評価し、今後のアナリティクスへの取り組みを軌道に乗せ強化するうえで、本レポートが有効な手引きとなれば幸いです。

 

>> 詳しくはこちらから

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?