事例紹介

先端テクノロジー企業の生成AI活用事例

デロイト トーマツのアライアンスでどのようにビジネスに変革をもたらすか

AIは想像以上のスピードで発展しており、ビジネスに限らず私たちの社会にも大きな影響を与えています。特に生成AIはDXの新たな可能性を示しており、企業のオペレーションだけにとどまらず、ビジネスそのものを根本的に変える可能性を持っています。またその一方で、倫理的課題や膨大なデータの活用をめぐる問題、セキュリティの問題も提起します。こうした状況の中で、テクノロジー企業は何を考え、どのようにこの技術を活用し新たな価値を未来へ提供するのか?デロイト トーマツとアライアンス企業との特別対談を複数回にわたってお送りします。

ServiceNowとデロイト トーマツが共鳴するワンプラットフォームでの業務価値創出

社内横断のデジタルワークフローを構築するクラウドサービスを提供することで、企業全体のDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援するServiceNow。日本では民間セクターばかりでなく、公共セクターにおいても同社のサービス導入が急速に広がりつつある。部門単位、業務単位でプロセスやデータがサイロ化していることが多いわが国において、いかに全体最適のDXを進めていくべきか。ServiceNow Japan合同会社の原智 宏氏、デロイト トーマツ コンサルティングの首藤 佑樹、松下 和弘の3人が最速のアプローチを提示する。

事例:ServiceNow Japan合同会社

open in new window 記事を読む

「エンタープライズAI」が切り拓く可能性 オラクルとデロイトが語る日本企業の未来

オラクルが日本で大胆な投資を決定した。その背景には、労働力不足という社会課題と、データ主権・ソブリンクラウドへの高まる需要がある。協業を通じてこれまで数多くのユースケースを生み出してきたオラクルとデロイトは、日本企業の生産性向上やイノベーションに向け、提供価値をどう進化させていくのか。日本オラクルの竹爪 慎治氏と首藤 聡一郎氏、デロイト トーマツ コンサルティングの首藤 佑樹と岡部 武の4者の視点が交わる先に、そのビジョンが浮かび上がる。

事例:日本オラクル株式会社

open in new window 記事を読む

NTT版大規模言語モデルの登場で描く 企業と社会変革の新たなシナリオ

自国のデータを自国のインフラ、技術、人材で有効活用するソブリンAIやソブリンクラウドの構築に向け官民が動き始めている。そうした中で登場したNTTの大規模言語モデル(LLM)「tsuzumi(つづみ)」への期待が高まっている。国産LLMによって、企業や社会の変革をどう加速させていくか。NTTコミュニケーションズの福田 亜希子氏と荒川 大輝氏、そしてデロイト トーマツ コンサルティングの首藤 佑樹と佐藤 通規の4人が、互いの展望を語り合いました。

事例:NTTコミュニケーションズ株式会社

open in new window 記事を読む
お役に立ちましたか?