お知らせ

【2019年度】イノベーションリーダーズ育成プログラム『埼玉 Sports Start-up(SSS)』の概要

~スポーツビジネスをテーマとした埼玉の創業支援プログラム~

スポーツビジネス分野での創業を目指す若者を支援する埼玉県のプログラム、埼玉 Sports Start-up(SSS)。埼玉県内のプロスポーツクラブ・球団が抱える課題の解決につながる有望なビジネスプランを持つスタートアップ・創業希望者を公募・選抜。ワークショップ、メンタリング支援を提供しながら創業・成長を支援するプログラムです。2018年度に続き、2019年度も本プログラムを実施します。

プログラム構成

埼玉県のプロスポーツクラブ・球団の抱える課題をテーマに設定

埼玉県が誇る有名プロスポーツクラブである浦和レッドダイヤモンズ・大宮アルディージャ・埼玉西武ライオンズの各クラブ・球団が抱える課題や共通の課題、地域の課題等をテーマとして提示します。テーマは昨年度と同様のテーマを想定していますが、これとは別に、ご自身で課題認識・アイディア・ビジネスプランをお持ちの場合、独自のテーマでの応募も受け付けます。

 

ワークショップ等を通じビジネスプランをブラッシュアップ

ビジネスプランを講師・メンター等(後述)と共にブラッシュアップしていただきます。

 

有望なビジネスプランを選考会を実施して選出

ビジネスプランの中でも特に有望なものを、伴走支援対象選考会(プレゼンテーション)を実施して選抜します。選考会の審査には、各プロスポーツクラブ・球団にも協力いただく予定で、自身のビジネスプランの意義や実現可能性を確認する大きな機会です。

 

有望ビジネスプランの実現を伴走支援

伴走支援対象選考会で選抜された有望なプランは、実現を目指して講師・メンター・デロイト トーマツの専門家が徹底的に伴走支援を行います。

 

マッチングを支援

伴走支援を経て磨きのかかった有望なビジネスプランと、ベンチャーキャピタル・地銀・大企業・起業家等がマッチングするための支援を実施します。

強力なサポート体制・プログラム

精鋭講師によるワークショップ

「今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀」等の著書で知られる楽天大学学長・仲山進也氏を講師として招聘。全4回のワークショップ(原則参加必須)を通じて、起業家としてのレベルアップをはじめ、ビジネスアイデアのブラッシュアップや参加者同士のネットワーク構築を図ります。

講師
楽天株式会社 楽天大学学長、仲山考材株式会社 
代表取締役 仲山 進也 氏

シャープ株式会社を経て当時社員約20名の楽天株式会社(楽天)へ入社。初代ECコンサルタントであり、楽天市場の最古参スタッフ。2000年に楽天市場出店者が互いに学び合える場として、「楽天大学」を設立。2004年にヴィッセル神戸の経営に参画。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員となり、2008年には仲山考材を設立。2016年~2017年、横浜F・マリノスでプロ契約スタッフ。
著書に『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則 『ジャイアントキリング』の流儀』(講談社)などがある。

 

経験豊富な起業家・専門家によるメンタリング

埼玉県内の起業家や創業支援機関の専門家およびデロイト トーマツの専門家などが、各種メンタリングを行い、ビジネスプランのブラッシュアップ・創業の支援を行います。

 

Page    1    2    3    >

2018年度SSS開催情報はこちら

2018年のイノベーションリーダーズ育成プログラム『埼玉 Sports Start-up(SSS) 』開催情報はこちらをご確認下さい。

関連サービス

デロイト トーマツ グループのスポーツビジネス

デロイト トーマツ グループは、財務会計、戦略、マーケティング、業務改革など、あらゆる分野のプロフェッショナルを擁し、スポーツビジネス領域におけるグローバルでの豊富な知見を活かしながら、全面的に事業支援を行う体制を整えています。またコンサルティング事業の他、国内外のスポーツ関連メディアへの記事寄稿などを通し、スポーツ業界全体への貢献も積極的に行っています。

スポーツビジネス(Topページ)

 ■ スポーツビジネス
・ 収益の最大化
・ アセットの強化
・ 戦略立案・実行
・ 経営基盤の強化
・ リーグ経営
・ 自治体とスポーツビジネス

サービスに関するお問合せ

>> 問い合わせはこちら(オンラインフォーム)

※ 担当者よりメールにて順次回答致しますので、お待ち頂けますようお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?