サービス

空飛ぶクルマの社会実装・事業化支援

空の移動革命の実現に向けて

自動車産業が構築されて以来約100年ぶりの新しいモビリティとなる可能性を秘める空飛ぶクルマの実現、また空飛ぶクルマに係る新たな産業創造・事業創造にむけて、市場・政策調査、戦略立案支援に留まらず、エコシステムの形成や実証実験のサポートまでEnd to Endでデロイト トーマツ グループが一体となり支援します。

空飛ぶクルマに係る事業構想・事業戦略策定支援

空飛ぶクルマにおいては機体開発等のモノづくりに係る事業から、運航・輸送サービスといった事業、また離着陸ポート・通信/管制・保険といった周辺を取り巻く事業等、多様な事業領域が想定されます。

またユースケースについても、都市部でのエアタクシーとしての活用や、離島・中山間地域における公共交通としての活用、災害時の利活用等、様々なユースケースが想定され、加えてマネタイズという面から考えてもエアタクシーサービスにおいては直接の乗客からの収入だけではなく、空飛ぶクルマの離発着に伴って集客効果を得るホテルやレジャー施設からの収入、離島・中山間地域の地域交通インフラの維持に問題意識を有する自治体又は国からの補助、機内や関連アプリのスペースを活用した広告収入等、様々なマネタイズポイントの組み合わせが考えられます。

デロイト トーマツ グループは空飛ぶクルマの黎明期からこの領域にコミットし、豊富な支援実績を有する空飛ぶクルマ専門チームのエキスパートが、コンセプトから1歩踏み込んだリアル、かつ持続可能な空飛ぶクルマに係る事業構想・事業戦略の策定を支援します。
 

 

空飛ぶクルマに係る事業開発・事業立上支援

空飛ぶクルマの事業・サービスの実現に向けては、現状存在しない事業・サービスであることに鑑み、政府機関と一体となった実証実験や、地方自治体と連携し具体的な場所・ユースケースを念頭に置いたPoCの実施、各種法規制対応・許認可の取得、オペレーションを担う法人の設立等、事業化を見据えた多種多様な活動を行う必要があります。

デロイト トーマツ グループは新事業立上・イノベーション創出の豊富な知見・実績を有するエキスパートが机上検討のみならず、共に汗をかきながら事業立上のその日まで支援します。
 

 

空飛ぶクルマのビジネスエコシステム形成・アライアンス支援

空飛ぶクルマの社会実装、ビジネスの創出に向けては、機体の供給だけではなく、離発着に必要なポート、運航管理のためのシステム、給電・充電のための設備などのインフラが整備される必要があることはもとより、これらのインフラを整えていくためのファイナンスの仕組みや、運航に伴うリスクをカバーするための保険の提供など、様々な要素を同時並行的に整えていく必要があります。

これらすべてを1企業単体の取組としてリードしていくのは困難であり、複数企業、また政府機関や自治体が一体となったビジネスエコシステムの形成をしていくことが重要であると考えます。

デロイトトーマツグループは日本含め各国に存在する空飛ぶクルマ専門チームのグローバルネットワークも駆使しながら空飛ぶクルマのビジネスエコシステム形成・アライアンスの実現に向けた支援をします。

 

プロフェッショナル

桐原 祐一郎/Yuichiro Kirihara

桐原 祐一郎/Yuichiro Kirihara

デロイト トーマツ サイバー合同会社 代表執行者

製造業を中心に10年以上のコンサルテイング経験を有する。特に航空宇宙・防衛業界においては機体メーカー、エンジンメーカー、サプライヤー、関連商社、エアライン等の業界全体をカバーする経験を有し、事業戦略、新規プログラム立上、M&A、組織・業務設計、IT戦略、企業風土改革など幅広い課題解決のためのプロジェクトを手掛ける。 関連サービス ・ 資源・エネルギー・生産財(ナレッジ・サービス一覧はこちら) >>... さらに見る