サービス

宇宙ビジネス創出に向けた一気通貫型のサービス

宇宙をもっと身近に、あたりまえに

宇宙技術や宇宙データで生み出せる製品・サービスを世に送りだす「シーズドリブン」ではなく、組織が抱える課題に対して宇宙がどのように活用できるのかを検討する「課題ドリブン」に基づいた宇宙ビジネス戦略検討をデロイト トーマツ グループが一体となり支援します。また、宇宙領域を取り巻く社会アジェンダを価値に昇華させる新たな宇宙ビジネスエコシステムの共創に向けた取り組みを推進します。

Deloitte Space Vision

デロイト トーマツ グループは、これまで持続可能な社会の創造とその発展に寄与すべく、クライアントとともにバリューを創り出してきました。

このあくなき価値創造活動の中で気が付いたことの一つは、私たちのビジネスは、地球規模の課題を見据え、社会変革を狙った新たなソリューション・新たなエコシステム開発が求められている、ということです。

そしてもう一つ気が付いたことがあります。

それは、私たちの知的好奇心や活動範囲は地球空間では手狭になってきていることです。地球というパスポートを片手に、宇宙空間に飛び出す時期が訪れたのです。

デロイト トーマツ グループは、このように人類の経済圏・生活圏を宇宙へと拡張し、新しい人類のチャレンジをサポートします。

そして宇宙を目指す中で磨き上げる新しい知識は、必ず私たちの故郷「地球」の持続的発展にも寄与すると信じます。

宇宙ビジネス戦略支援サービス

宇宙ビジネス検討のアプローチ

世界の宇宙産業は年間100兆円を超える一大産業へと伸長することが期待されています。しかし、この成長産業に早くから参入・投資を決断した企業の多くは、成長期待に反して足下のニーズの発掘・新規需要の創出に課題を抱えており、これから参入を検討している企業にとっては、この分野におけるビジネスをどのように展開すべきかという明確な戦略を描くことに苦労されているように感じています。この背景には、ますます不確実性・複雑さを増す社会や企業の抱える課題を、宇宙を利活用したソリューション単体で解決することが難しくなってきているからではないでしょうか。

欧米列強のメジャー企業に負けない宇宙技術・製品を保有する大・中小企業、革新的な技術とアイデアを持って新領域に挑む宇宙スタートアップ企業、宇宙理学・工学に係る深い知見を蓄積している大学等のたゆまぬ努力の結果、我が国における宇宙利用は質・量ともに発展を遂げてきました。他方、社会で”使われる”宇宙ソリューションや”売れる”宇宙ソリューションを開発し、成長市場における果実を得るためには、高度化された宇宙技術や高性能な製品・サービスを用いてソリューションを検討するといった考え(シーズドリブン)から、社会や企業が抱えている課題に対して宇宙がどのように活用できるのかといった考え(課題ドリブン)がますます重要になってくると考えられます。今後さらに我が国の宇宙ビジネスが飛躍するためには、このように社会や企業の抱える悩みを把握・深堀した上で、宇宙を利活用した製品・サービスとプラスアルファの要素をうまくブレンドさせることで、革新的なソリューションを構築していくことが重要だと考えられます。


宇宙ビジネス戦略支援

デロイト トーマツグループは、今後の成長産業として期待されている宇宙において、1つでも多くの日本企業や大学等が宇宙を利活用した事業の創出・ビジネス化を実現させることを強力にサポートします。

  • 市場調査:市場規模推算、国内外プレイヤー動向調査 等
  • 政策立案支援:各種調査研究の受託等を通じた政府機関への情報提供・提言 等
  • 戦略策定:新規事業戦略・参入戦略の支援、既存事業も含めたポートフォリオ検討等
  • 事業計画策定:ビジネスモデル検討支援、体制構築支援 等
  • アライアンス:有望投資/提携先発掘・宇宙ベンチャー企業とのマッチング、投資評価 等
  • 実証実験支援:実証実験推進計画・PMO支援、自治体連携サポート 等
  • 産学連携:大学研究機関、業界コンソーシアムと連携した研究活動 等
  • 宇宙に係る各種アドバイザリー:税務、会計、財務、法務等のアドバイザリー 等

※クリックまたはタップして画像を拡大する

 

宇宙ビジネスマッチングプログラム「GRAVITY Challenge」

デロイト トーマツグループは、グローバルDeloitteと連携し、宇宙ビジネスマッチングプログラムを支援しています。ご関心のある方はぜひお問合せください。

GRAVITY Challenge専用ページ(英語):https://gravitychallenge.space/

GRAVITY Challengeに関する問合せ先:gravity_japan@tohmatsu.co.jp
 

※GRAVITY Challenge専用ページにリンクします(外部サイト)

宇宙データ利活用プラットフォームの提供

Deloitte Space Visionおよび宇宙ビジネス戦略支援サービスを加速するために、デロイトトーマツグループでは、グループ独自の衛星の打上げ、またその衛星を制御・運用するためのオペレーションセンターの立ち上げを進めています。

オペレーションセンタでは、衛星の健康状態や位置情報、通信状況などを可視化し、主体的な衛星の制御と運用を行うほか、衛星に搭載されたセンサ等の機器を操作し、研究開発に必要なデータの取得や分析、PoCの実施を可能にします。

さらに、本オペレーションセンタを中心としたデータドリブンおよびファシリティドリブンな宇宙データ利活用プラットフォームの実現を目指します。

本プラットフォームに参画する産学官様々な企業や大学、組織が連携し、それぞれの持つデータや強みを融合することで、SDGsの達成に向けた社会課題の解決や、宇宙を見据えた新たなビジネスやソリューションの創出に貢献します。
 

 

宇宙ビジネスエコシステムの共創

個別の宇宙技術の開発や、ロケットや衛星の打ち上げプロジェクトを推進することが重要なのはもちろんのこと、宇宙産業を一つのイノベーションエコシステムとしてとらえ、エコシステム形成を通じて宇宙ビジネスの「産業化」に貢献します。

宇宙開発では高精度な技術が求められることによる製造業やIT産業への波及効果、さらには射場整備に伴う土木建設工事からイベントの目玉としての打ち上げ、その効果を最大化する観光産業への取り込みといった地域経済への波及効果を最大化することが重要であると考えます。月面基地を作る段階まで到達すれば、月面で稼働できるモビリティから住宅、農業、医療など様々な技術開発と、そうした最先端技術の地上への還元が期待できます。

デロイト トーマツ グループでは、宇宙開発を新たなイノベーションエコシステムの創出と捉え、国や自治体といった官公庁様、DMOやディベロッパー、これから宇宙ビジネスに参入してみたいと考える異分野の企業様に、イノベーションエコシステムという切り口でコンサルティングサービスを提供します。

  • 産業化に向けた調査研究、政策提言、戦略立案等
  • 地域経済政策への導入、産業政策・計画の企画立案、経済効果研究、ロードマップ策定、アクションプラン策定
  • 地域の中小企業やスタートアップとの連携のための基礎的な調査研究やマッチングイベント等の企画立案・実行支援
  • 観光政策とのコラボレーションの促進 等


 

宇宙ビジネス基盤構築支援

デロイト トーマツ グループでは、宇宙技術や宇宙を使ったサービス開発を行うベンチャー企業に向けた、資金調達支援、IPO支援、ハンズオン支援、産学連携の促進等を実施しています。また、スタートアップアクセラレーションプログラムの運営やモーニングピッチも展開しています。