ナレッジ

TMT メールマガジン

TMTメールマガジン

下記はサンプルとなります。これ以外のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

 

テクノロジー・メディア・テレコム メールマガジン -Discover- 2018年5月号 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • トピックス

1. TMT業界のグローバルトレンド 2018 を発表
「Technology, Media, Telecommunications (TMT) Predictions 2018 日本版」

2. Industry Eye 第35, 36回 再編が進む半導体産業の今後(前・後編)を掲載

「Industry Eye 第35回 テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション 再編が進む半導体産業の今後(前編)」

「Industry Eye 第36回 テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション 再編が進む半導体産業の今後(後編)」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    1.TMT業界のグローバルトレンド 2018 を発表
   「Technology, Media, Telecommunications (TMT) Predictions 2018 日本版」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 

TMT Predictionsは、デロイトが2001年以降毎年発表しているTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界のグローバルトレンドの解説や市場予測・分析を行ったレポートです。 

「TMT Predictions 2018 日本版」では、グローバルが発行した拡張現実、スマートフォン、機械学習、デジタルメディアに加え、日本独自コンテンツとして映像系新興メディア、デジタルヘルス、街づくりにおけるデータプラットフォームも取り上げ、合計11のトピックスで構成しております。 

またトピックごとに、当グループのプロフェッショナルが、日本における現状や今後の方向性について日本独自の視点から見解を述べています。 

 

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   2.Industry Eye 第35, 36回 再編が進む半導体産業の今後(前・後編)を掲載
   「Industry Eye 第35回 テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション 再編が進む半導体産業の今後(前・後編)」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

半導体産業における昨今のM&A動向と、M&A案件の起こる背景のうち、

1) 微細化限界と多額の設備投資負担、2) 新規参入者の脅威、3) 半導体を利用する産業・製品の変化、4) 半導体産業の交渉力の相対的な低下、5) 半導体産業内での利益の奪い合いについて、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社パートナー 戸沢 秀行、シニアアナリスト 鍬塚 洋史が考察します。

 

メールマガジンお申し込み、配信メールマガジンの変更

メールマガジン配信、配信メールマガジンの変更をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
>配信のお申し込み、配信メールマガジンの変更

お申し込みの際はメールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読ください。
>メールマガジン利用規約
>プライバシーポリシー

お役に立ちましたか?