CSVイノベーション戦略策定支援ヘッダ画像

サービス

CSVイノベーション戦略策定支援

社会課題を起点に自社の競争優位を実現するには

デロイトがグローバルにおいて政府機関・国際機関との共創で蓄積してきたナレッジから浮かび上がる深刻な社会課題を起点に、共通価値を創造(Creating Shared Value)し、持続的な競争優位を実現するために、イノベーションアジェンダの策定から社会課題解決型のビジネスモデル構想策定、実行に至るまでを支援します。

CSVイノベーション戦略策定支援について

昨今、大義ある経営目標を掲げて組織を変革し、経済価値と社会価値を同時追求する経営モデル(CSV)への変革がグローバルトップ企業に増えています。ゼネラル・エレクトリック(GE)社によるecomagination(エコマジネーション)はその代表例です。
(出所:GEのホームページ)

GEは社会課題解決という大義の下に政府・ NPO等との連携やオープンイノベーションによる新たな“枠組み”を創りを主導し、イノベーションによる世界の社会課題解決を自社の事業成長の核に据えています。

日本企業にもキーワードとしてのCSVは浸透しつつありますが、社会課題からビジネス課題への転換が出来ないケースや活動が既存事業や既存組織の枠組みの中に留まるケースが多く、結果として取組みが小粒化する傾向が見られます。

デロイト トーマツ コンサルティングでは日本企業のCSVイノベーションを加速化させるために、機能・品質・価格という旧来の3つの価値に加えて、「大義力」、「新秩序形成力」、「再現力」を組み合わせた“新たな戦い方” で持続的な競争優位を築く必要があると考えています。
この”新たな戦い方”においては、従来の自社を中心とした”Ego”Systemとしてのビジネスモデルではなく、政府や自治体、NPO、時には競合企業も巻き込んだトライセクター(Tri-Sector)で”Eco”System化したビジネスモデルを意図的に創りあげることが必要です。

■サービス内容

社会課題を起点にしたイノベーションアジェンダ策定支援

中長期的に取り組むべき社会課題解決アジェンダの経営戦略・実行計画への落とし込み

CSVビジネスモデル構想策定・実行支援
- 個別の社会課題解決型新事業やイノベーションテーマのCSVモデルの具体化・戦略策定
- NPOや官公庁などデロイトの外部ネットワークを活かしたトライセクターでの実行支援

CSV力評価
- 現在推進中の事業やCSR活動に関するCSV力の一元的な評価
- CSV力をさらに高めるポートフォリオ戦略策定

CSVによる“新たな戦い方” 「大義力」×「新秩序形成力」×「再現力」

トライセクター(Tri-Sector)でのイノベーション力を競う時代へ

出版物:CSV時代のイノベーション戦略

詳細はこちら

CSV( Creating Shared Value) は、「経済的価値を創造しながら社会的ニーズに対応することで社会的価値をも創造する」という視点での企業価値創造アプローチで、ハーバード大学のマイケル E.ポーター教授らが中心となって提唱している経営モデルです。CSVの本質は、グローバル市場の激しい変化に巻き込まれることなく、自ら市場創造をリードするイノベーションを仕掛けるための戦略コンセプトにあります。

本書では、GE、ウォルマート、ネスレ、グーグルなどのCSV先進企業を事例として採りあげ、“CSV×イノベーション”で骨太な新事業創造を実現するための取り組みのヒント、グローバル市場に向けた巨大な新事業の創造とコモディティ化に巻き込まれないビジネスモデルの構築についてご紹介しています。第1~3章ではCSVを軸とした新しい戦い方のトレンドと、日本企業が取り組むべきアプローチを述べ、第4~8章では“CSV×イノベーション”を具体的に推進するための処方箋について、具体例を交えながら解説します。

“新たな戦い方”を見出しきれていない日本企業のトップマネジメントや経営戦略・企画担当者、“骨太”な新事業を産み出すことができずにいる新事業開発担当者にとって必携となる一冊です。