サービス

フォレンジック・サーベイ

グループに潜む不正リスクをいかにして把握するか。適切な対策を打つためには、正確な実態把握が不可欠である一方、限られた時間・資源で効率的・効果的に実施する必要があります。デロイト トーマツは、初期的な実態把握を行うために、ニーズに合わせて、様々なサーベイをご提供しています。

提供サービス

フォレンジックサーベイ

領域ごとにパッケージ化された質問群を、ご要望に合わせて組み合わせ、従業員等に対しWebベースでアンケート調査を実施します。フォーカスすべき領域、組織を抽出し、その後の打ち手を検討する材料を提供します。海外子会社を含めたサーベイが可能です。

  • 業務プロセス
  • コンプライアンス
  • カルチャー
  • ガバナンス
  • 内部通報
  • 品質管理 など
     

心理学を用いた行動特性分析

心理学を応用したサーベイにより、不正行為へつながる行動特性を4つの因子に分類し、組織・グループの特徴を職層毎に可視化します。経営層・職員層別の分布パターンから、起こりがちな不正類型と対応する施策を提示します。

>>心理学を用いた行動特性分析はこちら

 

不正リスク・プロセスチェック(無料)

業務プロセスに潜む不正リスクを、160問程度のチェックシートにご回答いただくことで、簡易的に診断します。相対的に統制が弱い業務プロセスや不正領域が見える化されます。部門別や会社別に回答いただくことで、組織別の診断も可能です。

>>不正リスク・プロセスチェックはこちら

 

クライシス耐性チェック(無料)

万一、不正などの危機が発生した場合の対応能力は十分か。企業自らが判断することは容易ではありません。本サービスは、100問程度のチェックリストに回答いただくことで、危機への備えが十分でない可能性のある機能・部署、あるいは事態が悪化する可能性の高いリスクを可視化します。

>>クライシス耐性チェックはこちら

 

不正リスクカルチャーサーベイ

不正リスクカルチャーサーベイは、不正行為の防止に向けた組織風土診断サービスです。対象となる従業員にWeb形式で一斉にアンケートを実施することで、不正予防のための仕組みの浸透状況、従業員の不正に対する姿勢・行動様式を明らかにし、風土改善のための方針策定の基礎を提供します。定期的な実施により、改善状況のモニタリングにも役立ちます。

>>不正リスクカルチャーサーベイはこちら

 

バックグラウンド調査

対象企業や個人の身許、プロフィール、訴訟履歴、倒産・破産情報、信頼性に関する情報等を様々なデータソースから収集・分析し、不正兆候の確認、新しいマーケットの開拓、M&A時の初期調査などを支援します。

>>バックグラウンド調査はこちら

不正・危機対応の最新記事・サービス紹介は以下からお進みください。

>> フォレンジック&クライシスマネジメント:トップページ <<