サービス

グローバルホットライン

デロイト トーマツ グループがお客さまの内部通報窓口となって、海外拠点からの内部通報を受け付けるサービスです。様々な言語に対応可能です。

グローバルホットライン

デロイト トーマツ グループが企業の代わりに内部通報を受け付けるサービスです。通報内容は、企業倫理、不正、ハラスメントなど様々な分野に幅広く対応可能です。日本語だけでなく、英語、中国語の他、インドネシア語、韓国語、スペイン語、タイ語、ヒンディー語、ポルトガル語等、多様な言語の通報にも対応します。

 

≫今すぐお問合せ        ≫詳しいご説明資料(PDF)

詳細なレポート

通報の上り・下り双方をお客様に代わって詳細に整理し記録します。お客様は対応策の検討に集中いただけます。

高いセキュリティ

レポートやお客様の回答のやりとりには弊社の運営する共有ストレージサーバを用います。また、通報受付、レポート作成、確認、レポート送信および翻訳などの運用は、ISO27001認証取得もしくはプライバシーマーク認証取得の物理的・論理的セキュリティが確保された環境で行います。

 

≫今すぐお問合せ        ≫詳しいご説明資料(PDF)

多様なニーズに対応する各種プラン

デロイト トーマツ グローバルホットラインサービスは、内部通報窓口の設置をご検討中のお客様の様々なニーズに対応可能です。グローバルで統合された窓口を設置することで企業のガバナンスを高めたいお客様にも、ローカライズされた日本専用の窓口の設置にも対応できます。


幅広い職層から分野を限定せずに通報を受け付けるJN日本語標準プランおよびGN海外言語標準プランと不正の告発に限定するGF海外言語不正プランの三種類のプランで構成されております。 

対応言語や受け付ける通報の種類に応じて、お客様のご要望に最も近い仕様のプランをお選びいただけます。

≫今すぐお問合せ     詳しいご説明資料(PDF)

ご要望とご予算に応じてご選択が可能な定額制(一部従量制もあり)を採用。

充実の周辺サービス

内部通報制度での検知が期待される不正リスクに関する、”防ぐ”、”見つける”、”申告する”のそれぞれのフェーズで、デロイトのグローバルで多彩なサービスをシームレスにご利用いただけます。

<防ぐ> 

・研修、アンケートの実施 ─ ERS(コンプライアンス体制)
・コンプライアンスプログラム(社内リニエンシー制度)の実装 ─ DTFA(FCPAコンサルティング)
・内部通報制度の改善・強化  ─ ERS(コンプライアンス体制)
               └ DTLJ(企業法務・危機管理)

 
<見つける>

・匿名担保の調査 ─ DTLJ(人事・労働法務)
・定期監査、不正調査の実施 ─ DTFA(不正調査関連サービス)
              └ ERS(海外子会社リスクマネジメント)
              └ DTLJ(企業法務・危機管理)
・匿名で報復のおそれがない窓口の整備 ─ DTRS(ホットラインサービス)

 
<申告する>

・事実確認調査の実施 ─ DTFA(不正調査関連サービス)
           └ DTLJ(企業法務・危機管理)
・クライシスシミュレーションの実施 ─ DTRS(クライシスシミュレーション)
・コンプライアンスプログラムの有効性強化 ─ DTFA(FCPAコンサルティング)
                     └ ERS(コンプライアンス体制)

 

 

≫今すぐお問合せ     詳しいご説明資料(PDF)

通報者の悩み・ご要望から見た活用例

社内の現地法人担当者がもみ消すのではないか

►日本本社も情報を握っているという状態であるため、隠蔽の心配がない

 
日本人に対応されることで、メールへの入力だけだと真意が伝わるか不安

中国語ネイティブの担当者が運用、不明点があれば、それを確認しながら通報の対応を進める

米国勤務経験のある管理者が担当、不明点があれば、それを確認しながら通報の対応を進める

英語、中国語以外の言語では翻訳のプロが担当

 
問合せた経験はあるが、無下に対応された

専門の担当者が在席。通報者の一時的な興奮状態を沈静化して本質を引き出すための複数回の応答にも対応

企業の悩み・ご要望から見た活用例

社内の込み入った人間関係は知りたくない

►匿名の通報が可能なため、対応に無関係の事柄は知らなくて済む

 
従業員を対応させると高コストになる

►会話の多くの時間を占める愚痴対応への対応時間・心労、問合せ記録作業といった負担を軽減できる

 
通報が全くない

►職場や業務の些細な改善要望も受付(JNおよびGNプラン)。通報のハードルを下げることで重要事案を上がりやすく

 
問合せを取り次いでくれるだけで、1件1件の記録や集計結果の報告がない

問合せごと、月次、年次の詳細なレポートでご報告

 
FCPA対応独禁法対応を考えると、グローバル統一の内部通報窓口の存在が外見的に有効そうだ

世界中で独立性を求められる業務に従事するDeloitteが運営する統一の窓口を設置可能

 
通報は受け付けた後がたいへんなのだ、特にグローバルとなれば気が重い

►グローバル案件での不正調査等に実績の有るDeloitteグループの周辺サービスに円滑に連携

 
不正の告発に対象を絞りこむと、定額制では割高に感じる

►短所をご理解いただいた上での従量制のご選択も可能

 
多言語対応となると社内に人材を見出すのは難しそうだ

多言語に対応したレポートでご報告



≫今すぐお問合せ     詳しいご説明資料(PDF)

クライシスマネジメントに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> クライシスマネジメント:トップページ <<