ナレッジ

第4回 地方公会計における仕訳の仕組みは?

5分で理解!公会計の財務書類シリーズ

5分で理解!公会計の財務書類シリーズでは、”公会計の財務書類をどのように作成したらよいのか?"と悩まれる方に作成方法のポイントを説明します。第4回は地方公会計における仕訳の仕組みについて説明します。

(1)一般的な複式簿記における仕訳

一般的な複式簿記における仕訳は次のように記載されます。

(仕訳例) 

(借方) 土地 500万円 / (貸方) 現金 500万円


仕訳では、左側に書くものを「借方」、右側に書くものを「貸方」といいます。そして、借方(左側)に書くものと貸方(右側)に書くものは次のような定位置が決まっています。この書き方を「仕訳」といいます。また、「土地」「現金」を勘定科目といいます。

 

<仕訳の定位置>

一般的な複式簿記における仕訳作成例は次の通りです。
例:現金200万円を支払って車両を購入した。

STEP① 一つの仕訳を二面的に捉える

ⅰ 車両という資産の増加 

ⅱ 現金という資産の

 

STEP② 仕訳の定位置の分類表通りに貸借を決める 

ⅰ 車両という資産の増加 は、借方に書く 

ⅱ 現金という資産の減少 は、貸方に書く減少

 

STEP③ 貸借が同額になるように勘定科目(分類)、金額を記入する

(借方) 車両(資産) 200 /(貸方) 現金(資産) 200

 

(2)地方公会計における仕訳

地方公会計においては、以下の仕訳ルールとなっています。

一般的な複式簿記とでは次のような相違点があるため、注意が必要です。

・地方公会計においては、資産の一つである「現金預金」を別の分類とし、その中に「○○収入」・「○○支出」という勘定科目を数多く設け、それらを「資金収支計算書」という財務書類に計上します。

・税収等(税、地方交付税、国庫支出金等)は収益には含めず、純資産の直接的な増加要因として「純資産変動計算書」に計上します。


地方公会計における仕訳例は次の通りです。

【参照】総務省「地方公会計の整備」(外部サイト)

 

以上
 

 
【関連サイト】

「地方公会計の推進」シリーズ

上記サイトの主な内容はこちら

  • 特集 公会計を今よりちょっと先に進める方法
  • 特集 5分で理解!地方公会計の推進に関する研究会(令和元年度)
  • 統一的な基準による財務書類の作成状況等に関する調査結果について
  • 地方公会計の概要
  • シリーズ5分で理解!公会計の財務書類
  • シリーズ5分で理解!公会計の固定資産台帳

 

【関連サービス】

お役に立ちましたか?