ナレッジ

第2回 一般会計等財務書類の作成手順とは?

5分で理解!公会計の財務書類シリーズ

5分で理解!公会計の財務書類シリーズでは、”公会計の財務書類をどのように作成したらよいのか?"と悩まれる方に作成方法のポイントを説明します。第2回は一般会計等財務書類の作成手順について説明します。

(1)一般会計等財務書類の作成の流れ

 統一的な基準では、「財務書類は、公会計に固有の会計処理も含め、総勘定元帳等の会計帳簿から誘導的に作成」することとしています。(財務書類作成要領第22項参照)。

財務書類作成に至る基本手順は、次の図のとおり示されています。

(出所:財務書類作成要領 図6 財務書類の作成手順)

財務書類作成要領

それぞれの帳簿の内容は次のとおりです。
(「財務書類作成要領」第27項~42項・各様式参照)
 

財務書類作成要領

(2)歳入歳出データによる仕訳帳の作成

 財務会計システムから受領した歳入・歳出データ(単式データ)に対し、予算科目単位に、借方・貸方の勘定科目を効率的に付与するため、資金仕訳変換表を作成します。

歳入歳出データから、資金仕訳変換表を参照しつつ仕訳帳を作成し、これを基に、総勘定元帳及び合計残高試算表を作成します。(財務書類作成要領 第56項・63項参照)
主な作業手順は以下の図9をご参照ください。なお、資金仕訳と非資金仕訳については、当シリーズ第3回をご参照ください。

(出所:財務書類作成要領 図9 歳入歳出データの複式簿記への変換)

財務書類作成要領

(3)一般会計等財務書類の作成

合計残高試算表を編集して、一般会計等財務書類4表または3表を作成します。


財務書類4表…貸借対照表、行政コスト計算書、純資産変動計算書、資金収支計算書
財務書類3表…貸借対照表、行政コスト及び純資産変動計算書、資金収支計算書

一般会計等財務書類の作成

【参照】総務省「地方公会計の整備」(外部サイト)

 

次の記事

以上
 

 
【関連サイト】

「地方公会計の推進」シリーズ

上記サイトの主な内容はこちら

  • 特集 公会計を今よりちょっと先に進める方法
  • 特集 5分で理解!地方公会計の推進に関する研究会(令和元年度)
  • 統一的な基準による財務書類の作成状況等に関する調査結果について
  • 地方公会計の概要
  • シリーズ5分で理解!公会計の財務書類
  • シリーズ5分で理解!公会計の固定資産台帳

 

【関連サービス】

お役に立ちましたか?