Future of Cities
日本のスマートシティにグランドデザインを

4つの「結ぶ」で、持続可能な都市を創る

2050年には世界人口の7割が都市に住むといわれています。この急速に進む都市化を背景に、世界中でスマートシティの実現に向けた挑戦が行われています。この推進にあたっては、ヒト・モノ・カネの全てをグランドデザインすることが必要です。

デロイト トーマツは、スマートシティの取組みを推進するための“4つの「結ぶ」”で、持続可能な都市の創造に貢献します。
画像をクリックまたはタップすると拡大表示されます。
スマートシティの最大の特徴の一つが「産業の垣根の融解」。これまで別々の産業にいた様々なプレイヤーが都市/スマートシティという同じフィールドの中で、いかに連携するのか模索しています。
デロイト トーマツは、スマートシティにおける都市サービスを最大公約数として6つのドメイン*で整理し、持続可能な都市創りに向けて日本のスマートシティにグランドデザインを描きます。
6つのドメインにおけるデロイト トーマツの知見については、以下をご覧ください。

*6つのドメイン:モビリティ、環境・エネルギー、経済、行政・教育、生活・健康、安全・安心