ナレッジ

M&A Strategy ナレッジ一覧

Monitor Deloitte

自社の現有リソースにとらわれない非連続な成長の実現に向け、外部企業との連携や協業(出資・買収・JV・提携)を通じた変革のプランニングと、実現化について解説します。

競争力の源泉を定義・明確化するDEOモデル
成長実現につながる戦略策定は、自社の競争力の源泉を明確化することから始まる

戦略とは、持続的な成長を実現するためのロードマップである。故に、戦略策定に向けた第一歩は自社の提供価値(Domain)や提供価値を加速させる要素(Enabler)、それらを支える価値提供の仕組み(Operating Model)を定義・明確化する(DEOモデル)ことから始めるべきである。DEOモデルを核として、戦略(ポートフォリオ、事業、M&A、研究開発、等)策定を行うことで、合理的かつ実現可能性の高い戦略を策定することが可能になる。

記事を読む

技術リソースにレバレッジをかけるデータドリブンM&Aの活用
自社の技術を補完・強化する技術獲得目的のデータドリブンM&Aの企画・遂行

欧米型の財務起点のアプローチにとどまらず、日本企業が培ってきた開発者・技術資産などのリソースに着目したデータドリブンでのM&Aの企画・遂行が求められている。

記事を読む

「変革」志向のM&A「一貫」戦略
M&Aトランスフォーメーション戦略

海外や新たな市場への進出が必須となる中で、これまで培ってきたものを「変革」することに迫られている企業も多い。そしていくつかの企業はM&Aを通じて「変革」を起こし、成長を実現している。本寄稿では、ブレークスルーに苦しんでいる日本の企業の成長の一助となればと思い、M&Aを通じて「変革」を起こすために必要となる「一貫」戦略を紹介している。

記事を読む

事業撤退 ~最悪を想定し、最善を尽くす意思決定~
経営者としての重要な責務である「事業撤退」の意思決定を行うための考え方

不確実な時代を乗り切るために、これから企業経営は、今まで多くの企業が逡巡してきた「事業撤退」を自立的にマネージしていくことの重要性がますます高まってきている。従来、日本企業では「事業撤退」に対して負のイメージが強く、積極的に取り組む企業が少なかったが、不確実時代における「耐久力(生き残る力)」を支える最も有効な手段の一つとして「事業撤退」をしっかりと企業経営に組み込んだ企業が生き残っていく。

記事を読む

社会のEntrepreneurship(起業家精神)を集結させた新規事業構想・立ち上げ
外部パートナーとの効果的な連携による、イノベーションや新規事業の創出をサポート

近年の環境変化に伴い、日本企業の抱える経営課題は大きく変化しており、既存事業に依らない、新たな収益の柱の構築が求められている。一方で、取り組みを進める企業からは、多くの悩みも聞かれる。新規事業の確実なローンチに向けては、Doer(起業家人材)や外部パートナーとの協業が肝要となる。

記事を読む

事業会社のポートフォリオマネジメント
~「しがらみ」を超えて~
日本型コングロマリット企業はポートフォリオマネジメントで輝きを取り戻す

日本企業の低い生産性は事業ポートフォリオが硬直的であることに起因している。高い収益力と成長力を取り戻すには、ポートフォリオマネジメントを通じた徹底した選択と捨象が必要になる。また、ポートフォリオマネジメントとは「単なる現状の可視化」ではなく、成長実現に向けた様々なステークホルダーに対する“啓発活動の旅”である。この旅を果敢なマネジメント力をもって弛まず続けることが、成長戦略の実現に直結する。

記事を読む

  

関連サービス

M&A Strategy

成長戦略策定、新規事業開発、海外進出等のシーンにおいて、外部企業との連携や協業(出資・買収・JV・提携)は今や日常的手段ですが、構想・交渉面で固有の難しさも存在します。難しさに対処しながら、創発的活動としての戦略策定と、適切なリスクテイクを支えるファイナンスの双方を融合した、In-Organicな戦略策定を支援します。また「相手ありき」のM&Aでも画餅化しない構想策定と、Post M&A局面の、着実なバリューアップ(Tangible Value-up)施策や事業創造の実現ステップまで、戦略と実行を融合させる打ち手を包括的に支援します。
 

お役に立ちましたか?