ナレッジ

監査報告書の透明化(KAM)

監査報告書の透明化に関連する情報を取りまとめています(2022.5.25更新)

小売業における監査上の主要な検討事項(KAM)の事例分析  New

今回は、2021年3月期決算企業の小売業に焦点を当てて、KAMの傾向を解説します。

建設・不動産業における監査上の主要な検討事項(KAM)の事例分析  

今回は、2021年3月期決算企業の建設業・不動産業に焦点に当てて、KAMの傾向を解説します。

製造業における監査上の主要な検討事項(KAM)の事例分析   

今回は、2021年3月期決算企業の製造業に焦点に当てて、KAMの傾向を解説します。

欧米製薬企業における監査上の主要な検討事項アップデート 

国際財務報告基準(IFRS)・米国会計基準の適用により、より財務諸表等の開示が拡充され、対応するKAMの記載ボリュームも多い、12月決算の一般的にメガ・ファーマと呼称される欧州・米国の製薬企業の最新の事例を紹介します。

監査上の主要な検討事項(KAM)の事例分析 

今回は、KAMを適用した2021年3月期決算企業のうち、日経225銘柄企業を対象に、全体的な傾向を解説するとともに、特徴的な事例をいくつか取り上げて解説します。

 

 

KAM(監査上の主要な検討事項)に関する12の想定問答(2019.11.20)
ある上場企業の経営トップから受けたKAMに関する質問について、公認会計士が回答する書簡の形式を借りながら、経理部員がKAMに関して経営陣にどのように説明するか、その一例を紹介します。

シリーズ「監査報告書の透明化」監査基準の改訂により予想される影響(2018.07.20)
「監査基準の改訂について(公開草案)」に対する意見募集を経て、「監査基準の改訂について」が公表され、監査報告書へのKAMの記載を主体とした監査基準の改訂が示されている。本シリーズの掉尾として、監査基準の改訂により想定される影響について考えてみたい。

シリーズ「監査報告書の透明化」監査基準の改訂(公開草案)(2018.06.20)
2018年5月8日付の「監査基準の改訂について(公開草案)」に示された改訂の概要及びその検討が行われた第42回監査部会における「その他の記載内容」への対応手続の見直し、適用範囲及び適用時期の議論について解説します。

シリーズ「監査報告書の透明化」我が国における対応─監査基準の改訂に向けた企業会計審議会監査部会の動向(2018.04.20)
監査報告書の記載事項である監査上の主要な事項(Key Audit Matters, KAM)の導入に関する我が国の監査基準の改訂に関して解説します。

シリーズ「監査報告書の透明化」先行する諸外国の状況(2018.03.20)
我が国よりも先に監査上の主要な事項等を導入し、監査報告書の透明化を進めている一部の国の制度について説明を行います。

シリーズ「監査報告書の透明化」国際監査基準(ISA)701の仮訳の解説(2018.02.20)
国際監査基準(ISA)701の理解のために日本公認会計士協会が作成し、ホームページにおいて公表している仮訳を用いてその概要を解説します。

シリーズ「監査報告書の透明化」「監査報告書の透明化」の背景(2018.01.19)
監査報告書の透明化の背景、国際監査・保証基準審議会の公表する国際監査基準701の概要解説、先行する諸外国の状況等を連載で解説します。

 

お役に立ちましたか?