最新動向/市場予測

Crunch time XIV -決断の時14

エンタープライズサービスデリバリーの改革

CFOの主な仕事が日々の経理財務業務の遂行と管理だったのは過去の話です。CFOはここ何年にもわたって、事業のあらゆる場面に関わる変革の指揮を執ってきました。今日のCFOの業務は、過去と比べ大きく様変わりしています。

どこから着手すべきか

あなたの会社が社内業務・サービスのデリバリー方法の改善・向上の機会を見つけ、長期戦に向けた準備ができるよう、次の課題について検討しましょう。

  • 業務の本質:それは本質的に単純作業かつ予測可能な属性の業務ですか。それとも独自の分析やインサイトを必要としますか。
  • 事業との関係:おおよそ同一のワークプロダクトが全社的に使用されていますか。その場合、それを標準化して集約組織からエンドツーエンドでデリバリーすること、つまりリソースを一か所に集約し、スケールメリットを生かすことは可能ですか。それとも別の機能やビジネスユニット向けにカスタマイズが必要ですか。
  • デジタル強化:大量の反復作業を自動化することはできますか。分析作業は人工知能の技術を生かし、処理スピードおよびスケールを向上することができますか。
  • デリバリーオプション:その業務はバーチャルまたはアウトソースによって行うことができますか。
Crunch time XIV -決断の時14 エンタープライズサービスデリバリーの改革〔PDF, 1MB〕

バックオフィスからセンターオフィスへ

リーディングカンパニーはサービスデリバリーのアジリティ、品質およびスピードを向上する方法を再考し、CFOの権限が経理財務部門を越えて企業変革へと拡大する中で、物事の考え方に変化が見られるようになりました。それがセンターオフィスです。

効率的に取引処理を行い、コストを削減し、課題に対処する目的で、これまでもシェアードサービスが使用されてきましたが、センターオフィスという概念はこのアイデアをさらに推し進めることが可能です。センターオフィスはエンドツーエンドのプロセス改善に焦点を当てたミッション中心型のアプローチで、イノベーションを促進し、業績に影響を及ぼすプロアクティブなインサイトを生み出します。

昨今のビジネス環境において費用対効果は大前提です。危機からの回復力を押し上げ、デジタルによる創造的破壊にレバレッジを効かせることで新たな可能性が切り開かれます。

 

 

おわりに

エンタープライズサービスデリバリーを再考する時がやってきました。破壊的な出来事、市場トレンド、デジタル化の進展によって、企業は急速に、繰り返し変化に適応することを余儀なくされています。新しいサービスデリバリーモデルは、組織が将来のいかなる出来事にも対処できるよう準備を整えるために、機能横断的リソースを活用し、イノベーションを推進し、環境変化への対応力を向上するのに役立つでしょう。

コスト削減がサービスモデル転換の大きな要因であることに変わりはありませんが、他の機会も同様に魅力的なものです。

あなたの会社は、そのような機会を捉える準備ができていますか。

Crunch Time - その他の記事

企業の財務責任者が特に注目すべき7つのテクノロジー(Robotics, IoT, AIなど)、それは既存業務・システムを進化させ、新しい観点・経営手法を提供する。財務のためのデジタル化、それをいつどのように行うか、決断の時が迫っている。

財務のデジタル化の変革について30人の財務担当幹部にインタビューによる明らかになったCFO自身の財務に対する認識と、それがデジタル化の流れにもたらす影響を紹介する。

コグニティブテクノロジーが財務機能のパフォーマンス向上に貢献できるか懐疑的なCFOに対してデロイトが携わってきた、企業において検証・導入が進められているコグニティブテクノロジーについてそれぞれのエピソードを紹介する。

ブロックチェーンの専門家たちとの議論の中で、あるCFOは首を横に振り、「これは途方もなくあいまいだ」と愚痴をこぼした。簡潔な紹介事例から、財務領域におけるブロックチェーンについてCFOは何を認識しておくべきなのか、デロイトの見解を紹介する。

今回は、デロイトの予想として今後7年間で起きるであろう経理財務部門の進化を、8つの視点から考察している。

先進的な企業は人による予測とデータ主導の予測アルゴリズムとを共生させる予測プロセスへの移行を進めている。財務経理部門におけるデータ主導の予測アルゴリズムとは何か、具体例を踏まえて紹介する。

より付加価値のある仕事に時間を使えるよう、RPA、チャットボット、AI等を活用した将来のレポーティングの世界を紹介する。

今更聞けない素朴なテーマも含め、クラウド導入の際にCFO組織が検討すべき観点を紹介する。

グローバル税務の複雑化や不確実性に関する会話を基にデジタル世界の税務で必要な観点を紹介する。

先行事例を踏まえながら、SAP S/4HANAで可能になることや、導入に向けた留意点を紹介する。

デジタル世界において、経理・財務部門ではどのようなスキルが求められ、どうやって必要な人材を確保していくべきかを解説します。

Oracle Cloudによって実現できること、将来に向けたビジョン、導入に向けた検討事項に対する考え方を解説します。

新たなテクノロジーの活用によって、データ分析に関する課題を効率的に解決、回避するための考え方を解説します。

COVID-19以降の「ニューノーマル」において、経理財務部門で求められる取り組みについて解説します

関連するサービスのご案内

CFOサービスでは、CFO及びCFO組織の変革のみならず、企業にとって必要なCFOの役割に基づき、CFO機能の進化をサポートします。プロジェクトのテーマに応じて、デロイト トーマツ グループのインダストリーグループや、各種サービス(監査、税務、ファイナンシャル アドバイザリーなど)、デロイトのグローバルネットワークとも連携し、多角的、複合的な支援を提供しています。

顧客のビジネスモデル変革を実現するために、組織設計(Enterprise Model Design)からコスト最適化(Strategic Cost Transformation)、サービス提供体制構築(Global Business Service)、立地戦略(Location Strategy)を、業務領域横断で包括的な支援を行います。

 

お役に立ちましたか?