サービス

不正調査支援

粉飾決算、資産横領、贈収賄、情報漏えい、データ偽装などの不正・不祥事が発覚、あるいは不正の兆候・疑いが存在する場合、初動措置がその後の調査の成否を左右します。デロイト トーマツ グループでは、不正の内容や損害規模などの事実解明および原因解明と是正措置策定のために、専門家チームが具体的なアドバイスを行い、不正調査を支援します。

提供サービス

不正調査

不正の内容や損害規模などの事実解明のために、専門家チームが具体的なアドバイスを行い、不正調査を支援します。また、事案発生の原因解明を行い、是正措置の策定も一貫してご支援します。社内調査、調査委員会を問わず、状況に応じて適切な調査、アドバイスを行います。

  • 会計不正
  • 横領
  • 利益相反取引
  • 贈収賄
  • データ偽装・品質不正
  • 情報漏洩
  • カルテル
  • インサイダー取引

>>不正調査はこちら

 

調査委員派遣

近年、上場会社を中心に企業等で不正・不祥事の発覚に際し、弁護士・公認会計士等の外部の専門家や有識者を構成員とする調査委員会を組成し、当該委員会による調査結果を対外的に公表するという実務的対応が定着しつつあります。調査委員会を設置する際に、不正対応や委員会実務に精通した公認会計士を調査委員として派遣します。

>>調査委員派遣はこちら

 

デジタルフォレンジック

不正調査においてデータアナリティクスは有効かつ必須の手段となります。財務系のトランザクションデータ、非財務系のデジタル記録を組み合わせることで、対象となる不正取引の傾向から不正シナリオを析出し、異常取引を効率的に抽出することに大いに役立ちます。デロイト トーマツは、独自に開発したアナリティクスツールを用いて、効果的な不正調査を提案します。

>>デジタルフォレンジックはこちら

 

過年度遡及修正支援

不適切な会計処理が発見された場合、上場を維持するために開示書類の提出期限へ迅速に対応する必要があります。過年度の決算訂正や関連書類の修正など膨大な作業を短期間で行えるよう、経験豊富な専門家が効率的なアプローチで支援します。

>>過年度遡及修正支援はこちら

 

ボイスフォレンジック

金融や保険など幅広い業界において、オペレーターの応対品質のチェックやコンプライアンスの強化、あるいは顧客との認識の齟齬を解消することなどを目的に、顧客との通話内容を録音するケースが増えています。当社は、その膨大な録音データから効率的にリスク分析や問題解決の支援をいたします。

>>ボイスフォレンジックはこちら

 

再発防止策導入支援

不正が発覚した企業では、内部・外部の調査委員会等による不正調査において、不正の経緯、発生要因等を明らかにするとともに、様々な是正措置や再発防止策を講じることが求められます。多岐に及ぶ課題を解決するため、デロイト トーマツでは、各領域の専門家が一致協力して、実効性のある再発防止策の策定・導入を支援します。

>>再発防止策導入支援はこちら

 

改善報告書・内部管理確認書作成支援

上場企業が不正・不祥事を引き起こしてしまった場合、有価証券上場規程に基づき、経緯と改善措置をとりまとめた改善報告書を提出する必要があります。また、特設注意市場銘柄となった会社が提出する内部管理体制確認書は、新規上場における審査書類に準ずる内容を記載する必要があり、作成において相当程度の知識・経験・労力を要します。デロイト トーマツは不正の発生原因の分析、再発防止策の策定・導入と合わせ、当報告書の作成をご支援します。

不正・危機対応の最新記事・サービス紹介は以下からお進みください。

>> フォレンジック&クライシスマネジメント:トップページ <<