ナレッジ

収益認識に関する会計基準

収益認識に関する会計基準等の解説と関連サービスを取りまとめています (2019.7.22更新)

収益認識に関する会計基準等の解説

ASBJが企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」等を公表
平成30年3月30日に企業会計基準委員会より公表された企業会計基準29号「収益認識に関する会計基準」及び企業会計基準適用指針第30号「収益認識に関する会計基準の適用指針」を解説します。

ASBJが企業会計基準公開草案第61号「収益認識に関する会計基準(案)」等に寄せられたコメントを公表
企業会計基準委員会は、平成30年4月11日に、平成29年7月20日に公表された企業会計基準公開草案第61号「収益認識に関する会計基準(案)」及び企業会計基準適用指針公開草案第61号「収益認識に関する会計基準の適用指針(案)」に対する主なコメントの概要とそれらに対するASBJの対応を公表しました。 

収益認識基準への税務上の対応(平成30年度税制改正)
収益認識基準への税務上の対応の概要と留意すべき点を解説します。

収益認識関連の法人税基本通達の趣旨説明の公表
平成30年12月27日に国税庁ウェブサイトで公表された、法人税基本通達等の解説(「平成30年5月30日付課法2-8ほか2課共同「法人税基本通達等の一部改正について」(法令解釈通達)の趣旨説明」)(本趣旨説明)*について、内容の一部を紹介します。

 

企業会計基準公開草案第61号「収益認識に関する会計基準(案)」等の解説
平成29年7月20日に企業会計基準委員会より公表された企業会計基準公開草案第61号「収益認識に関する会計基準(案)」及び企業会計基準適用指針公開草案第61号「収益認識に関する会計基準の適用指針(案)」を解説します。

設例で読む「収益認識に関する会計基準(案)等」シリーズ
基準案及び適用指針案についての理解を深めるために、4回にわたり本公開草案の基本となる原則である収益を認識するための5つのステップについて設例を交えた解説を行うとともに、本公開草案によると現行の日本基準又は日本基準における実務に影響を与えると考えられる論点を取り上げ、設例を交えた解説を行います。
 

収益認識に関する会計基準の関連サービス

収益認識に関する会計基準への対応
業務に幅広く影響を与える収益認識に関する会計基準への対応にあたり、最初にどのような影響が想定されるかを分析し、当該影響に適切に対応するための導入計画の立案及び実行が重要であると考えます。

<サービスの例示>
調査範囲の決定(勉強会の実施、影響度分析、等)の支援
主要な取引の調査及び論点の検討の支援
会計方針案/開示案策定及び業務/ITシステム対応案策定の支援
子会社への展開支援 

 

お役に立ちましたか?