サービス

内部統制

内部統制報告制度を契機に財務報告の信頼性以外を目的とする内部統制についても関心が高まっています。企業内に内部統制を定着させ、より良いコーポレートガバナンスを実現するための高度な内部統制を構築することが今の企業に求められています。

内部統制報告制度の導入

金融商品取引法に基づく内部統制報告制度(いわゆるJ-SOX)では、ディスクロージャーをめぐる不適切な事例が発生したことを受けて、日本の上場会社を対象に、財務報告の信頼性を確保するための経営者による内部統制の評価を義務付けています。

 金融商品取引法に基づく内部統制報告制度での内部統制とは、基本的に4つの目的(①業務の有効性および効率性②財務報告の信頼性③事業活動に関わる法令等の順守④資産の保全)を達成するために企業内に整備・運用されているプロセスのことを指します。内部統制報告制度の下では、財務報告の信頼性を確保することを主目的とした内部統制の構築および経営者評価が行われます。

企業における内部統制の構築

内部統制の構築の状況は、経営者の考え方や人的資源等により異なります。また、企業の規模や業種によって望ましい内部統制も異なります。有効な内部統制を構築するためには、企業の状況に応じてきめ細かな対応が必要になります。

デロイト トーマツ グループでは、企業におけるニーズと内部統制の構築状況および内部統制報告制度の対応状況を把握のうえ、クライアントのニーズに即して、先進事例のノウハウや豊富な監査経験をもとに、内部統制構築支援サービスを提供します。

デロイト トーマツ グループの内部統制関連サービス

デロイト トーマツ グループでは、より良い内部統制を構築するための支援を行います

内部統制報告制度対応

IT統制評価支援

•SSAE16/ISAE3402/86号

•ERP内部統制設計支援

SOC報告書/クラウド・アシュアランス

Trustサービス