ナレッジ

メールマガジンバックナンバー(ファイナンシャルアドバイザリーメールマガジン)

2018年10月号

シリーズ:世界のM&A事情
第11回 英国 ~M&Aトレンドの背景を探る~

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社の駐在員が、現地のM&Aの状況・トレンド、M&A交渉の際の留意点などをご紹介する「世界のM&A事情」。本稿では、Brexitの影響が不透明な英国におけるM&Aマーケットの動向やスキームオブアレンジメントなどについて解説し、英国の今後の展望を考察します。

more 〉


シリーズ:丸ごとわかるフォレンジックの勘所
第3回 監査役による経営者不正の抑止のポイント

本シリーズでは、フォレンジックの勘所を不正の予防・発見、対処、再発防止の全プロセスにわたり、複数回に分けて紹介します。第3回の本稿では、経営者による不正を抑制するにあたって、監査役に期待される経営者に対する牽制機能のポイントについて事例とともに解説します。

more 〉


シリーズ:Industry Eye ~各業界を取り巻く環境や動向を解説~ 
第41回 スポーツビジネス 「スポーツ x 地方創生」 
スポーツビジネスおよび周辺領域におけるベンチャー育成を兼ねた取り組みの事例

全国のさまざまな自治体が地域活性化の各種施策を展開しているなか、本稿では、埼玉県の地方創生推進交付金を活用したスポーツとベンチャーを切り口とした取り組み事例をもとに、スポーツビジネスと地方創生について考察します。

more 〉


シリーズ:M&A会計 企業結合の実務
第2回 企業結合会計基準等の公開草案の解説

企業結合の実務をQ&A形式でわかりやすく解説します。今回は、企業会計基準委員会(ASBJ)が2018年8月21日に公表した、「企業結合に関する会計基準」および「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」の改正に関する公開草案について解説します。

more 〉

2018年09月号

最新トピック

シリーズ:丸ごとわかるフォレンジックの勘所 

第2回 効果的な不正リスク評価実施のポイント

本シリーズでは、フォレンジックの勘所を不正の予防・発見、対処、再発防止の全プロセスにわたり、複数回に分けて紹介します。2回目の本稿では、不正リスク評価を実施するうえでの企業統治や内部統制の不備を探知するためのポイントについて解説します。

MORE 〉

 

 

シリーズ:Industry Eye ~各業界を取り巻く環境や動向を解説~

第40回 エネルギー業界

~電力/ガス業界におけるM&Aの動向と展望~

電力/ガス業界は、電力会社アライアンスに加え、商社など他業種企業とのM&Aが活発になってきています。本稿では、電力/ガス会社のM&Aの現状・動向をみることにより、エネルギー業界における今後のM&Aの方向性を示唆していきます。

MORE 〉

 

2018年08月号

最新トピック

新シリーズ:丸ごとわかるフォレンジックの勘所 

第1回 実効性ある内部通報ホットラインの設置・運用のポイント

本シリーズでは、フォレンジックの勘所を不正の予防・発見、対処、再発防止の全プロセスにわたり、複数回に分けて紹介します。1回目の本稿では、内部通報ホットラインの設置・運用のポイントを、実効性担保の観点から解説します。

MORE 〉

 

シリーズ:M&A会計 企業結合の実務   

のれんの評価と監査報告書の記載 

近年、大型の企業買収のニュースが相次ぎ、「のれんの減損」についても度々取り上げられています。

本稿では、企業結合の際に重要なポイントとなる「のれんの評価」について、さらに2018年7月に改訂された監査基準の影響について、Q&A形式でわかりやすく解説します。

MORE 〉

 

2018年07月号

最新トピック

シリーズ:世界のM&A事情   

ドイツ ードイツの経済動向およびM&A成功の鍵を握る「Mittelstand」とは 

デロイト トーマツの駐在員が、現地のM&Aの状況・トレンド、M&A交渉の際の留意点などをご紹介するシリーズ『世界のM&A事情』。今回は現在も欧州最大の経済規模を誇るドイツについて、政治・経済状況と日系案件におけるM&Aの動向を紹介し、さらにドイツでのM&A成功の鍵をにぎるミッテルシュタンド(Mittelstand)について解説します。 

MORE 〉

 

 

シリーズ:Industry Eye 

第39回 消費財/小売・流通

ブランドポートフォリオ再編戦略のためのTo Do

消費財業界において、保有ブランドの取捨選択は、ともすれば事業規模縮小に繋がるものとして避けられますが、明確なビジョンを持った対応により事業拡大へと導くことも可能です。本稿では、食品やアパレル、化粧品といった消費財業界におけるブランドポートフォリオ再編のための戦略について、成功事例を紹介しつつ解説します。

MORE 〉

 

 

調査レポート:

次世代ファミリービジネス ~ビジネスエコシステムの追求

ファミリービジネスにとって大きな関心事の一つである、「今日のビジネスエコシステム内またはビジネスエコシステム間で生じる継続的な変化への適応方法」についての調査結果をまとめました。

MORE 〉

 

2018年06月号

最新トピック

シリーズ:M&A会計 日本基準と国際会計基準との主な相違 

第5回 IASBにおけるのれんの減損に関する新しいアプローチの検討状況 

M&A会計の企業結合編として始まった連載「日本基準と国際会計基準との主な相違」では、第三者間の企業結合、すなわち「取得」と分類された企業結合の会計処理について考えます。第5回は、のれんの減損に関する新しいアプローチである「ヘッドルーム・アプローチ」に関する事項を中心に、Q&A形式でわかりやすく解説します。 

MORE 〉

 

 

シリーズ:Industry Eye 

第38回 ミドルマーケット

地方都市におけるM&A動向

M&Aが一般的な手法と認められてきた近年において、非上場の優良企業や中小企業でもM&Aを検討する機会が増えています。一方で、一般的になったことによる弊害(専門家の不足)なども問題となっており、今後の取り組みが大きな課題となっています。本稿では、各地域におけるM&Aの現状と課題、その動向について解説します。

MORE 〉

 

 

eスポーツ興行の概観と参入時の論点

近年、社会的にコンピューターゲーム、ビデオゲームで行うeスポーツへの関心が高まっています。本稿では、eスポーツ興行の特徴を、従来のスポーツとの比較を交えて整理し、グローバルにおける成長予測や各種スポーツ大会への採用見通しを踏まえ、ビジネスの側面から考察します。

MORE 〉

 

 

調査レポート:

デロイトの考えるスポーツ業界の新たな主役

2018年、業界を揺るがすトレンド (日本語翻訳版)

Deloitte US Sports Business Groupより発行された『Deloitte’s sports industry starting lineup:Trends expected to disrupt and dominate 2018』の日本語翻訳版です。過去数年の事象に基づき、2018年のスポーツ業界の動向を予測します。

MORE 〉

 

2018年05月号

最新トピック

シリーズ:M&A会計 日本基準と国際会計基準との主な相違 

第4回 のれんの会計処理 

M&A会計の企業結合編として始まった連載「日本基準と国際会計基準との主な相違」では、第三者間の企業結合、すなわち「取得」と分類された企業結合の会計処理について考えます。第4回は「取得」と分類された企業結合の会計処理のうち、のれんの会計処理について、日本基準と国際会計基準(IFRS)の取扱いの違いを比較しながら、Q&A形式でわかりやすく解説します。 

MORE 〉

 

 

シリーズ:Industry Eye 

第37回 不動産セクター

ホテル投資マーケットの考察と今後の展望

各業界を取り巻く環境や動向について、M&Aトピック・法規制・会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説する「Industry Eye」。今回は、ホテル投資への取り組み検討という観点を中心に、これまでのホテルマーケットの状況をおさらいするとともに、今後の展望を考察します。

MORE 〉

 

 

シリーズ:ライフサイエンス・ヘルスケア

第10回 2018年度介護報酬改定と介護業界における今後のM&A

2018年は6年に一度の診療報酬・介護報酬の同時改定の年です。本稿では、介護報酬の概要と今年度の改定内容について解説するとともに、報酬改定とM&Aの関連性、介護業界におけるM&Aの今後の動向について考察します。

MORE 〉

 

 

ビジネス実務 オーナー社長のための事業承継のポイント《連載》

第2回 後継者選定のポイント

SERI Monthly 2018年5月号掲載(静岡経済研究所)

本シリーズでは、中小企業において重要課題となっている事業承継について、後継者選定、親族内承継、親族外承継、M&Aなどに焦点をあて、事例を交えて紹介します。2回目の本稿は、中小企業の事業承継問題における中核的要素である後継者選定について、そのポイントを整理します。

MORE 〉

 

2018年04月号

最新トピック

シリーズ:M&A会計 日本基準と国際会計基準との主な相違 

第3回 取得原価の配分(無形資産の識別、リストラ引当金、偶発債務など) 

M&A会計の企業結合編として始まった連載「日本基準と国際会計基準との主な相違」では、第三者間の企業結合、すなわち「取得」と分類された企業結合の会計処理について考えます。第3回は、「取得」と分類された企業結合の会計処理のうち、取得原価の配分について、日本基準と国際会計基準(IFRS)の違いを比較しながら、Q&A形式でわかりやすく解説します。

MORE 〉

 

シリーズ:Industry Eye 

第36回 テクノロジー・メディア・テレコミュニケーション

~再編が進む半導体産業の今後(後編) 

各業界を取り巻く環境や動向について、M&Aトピック・法規制・会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説する「Industry Eye」。今回は、前回に続き半導体産業について、業界における大規模なM&Aやそれに伴う業界再編が起こっている背景について、技術的、ビジネス的な観点から分析したうえで、今後の半導体産業の動向や日本の半導体関連業界への影響について考察します。

MORE 〉

 

ビジネス実務 オーナー社長のための事業承継のポイント《連載》

第1回 事業承継の要点整理

SERI Monthly 2018年4月号掲載(静岡経済研究所)

本シリーズでは、中小企業において重要課題となっている事業承継について、後継者選定、親族内承継、親族外承継、M&Aなどに焦点をあて、事例を交えて紹介します。第1回の本稿では、事業承継が進まない理由と対策のポイントを解説します。

MORE 〉

 

お役に立ちましたか?